FXの通貨ペアって?

FXを始めるときには色々と知っておかなくてはいけない知識というものがあります。
それらの知識を総動員して取引を行うことになるのです。
中途半端な知識しか持っていない状態で取引を行ったとしても、中途半端な結果しか得られないことになるでしょう。

さて、FXを始める際には基本的な知識がいくつかあります。
その中の一つが通貨ペアです。
果たして通貨ペアとは一体何なのでしょうか。
言葉だけを見れば、何か通貨に関係している用語のようにみえます。

通貨ペアというのは文字通り通貨の組み合わせのことです。
2種類の通貨を組み合わせたものを通貨ペアと呼びます。
これを表現する際は、/で区切って、たとえば、円/ユーロのようにして表します。
この/の左側を基軸通貨と読んで、右側を決済通貨と呼びます。

ある特定の通貨ペアを購入するときには、基軸通貨を購入するという意味になります。
たとえば、米ドル/円の場合であれば、この通貨ペアを購入するという意味は、日本円で米ドルを購入するという意味になります。
FXの場合は日本の銀行で扱っていないような通貨であっても売買をすることができます。
FX会社によって扱っている通貨ペアの種類は異なるので、会社を選ぶ時の一つに決めてになります。

現在は日本円が超低金利状態にあります。
これを利用して、決済通貨を日本円にすることによって、別の通貨都の間で大きな金利差が生じてそれを利益にすることができます。
これをスワップ金利と言います。
スワップ金利という言葉も覚えておきましょう。
通貨ペアと同様にFXで利益をあげたいのであれば、重要な概念となります。

日本円で外貨を買う場合には、最初はユーロやドルに挑戦するのがよいです。
世界の市場はほとんどがユーロとドルであり、その次に日本円がきます。
あまりメジャーではない通過を購入してしまうと、なかなかそれを売ることができなくなるので注意をしましょう。
通貨ペアに関する知識を高めておくことがFX取引において有利になります。