FXのナンピンとは?

FX初心者の方は色々な文章を読む機会が多くなると思います。
最初はFXを始めようにも何から手を付ければいいのか分からなくなるのが普通のことですから、とりあえず色々な文章を読んで勉強をしていくことになるのが普通のことです。
いきなり初心者がFXの取引をやり始めたとしても、何の方法論もなく、その場の思いつきで取引を繰り返すだけでは利益がでるわけがないのです。
やはり、初心者の方は、早く取引がしたいという気持ちが強いのが分かりますが、一度落ち着いて、どのようにして取引を行えばよいのかということをじっくりと考えるようにしましょう。

FXに関する話を聞いたり、文章を読んでいる時に、たまにナンピンという言葉に出くわすことが多いのではないでしょうか。
このナンピンとは一体どのような意味なのでしょうか。
言葉を見ただけでは全然予想をすることができません。

ナンピンというのは簡単に説明をすると、自分が保有している金融商品が値下がりをした時に、追加で投資をして、同じ商品を買い足すことを指します。
FXではナンピンをするということはデメリットが多いと言われています。
それはどういうことかというと、値段が下がっている金融商品をさらに追加で買うということは、当然その金融商品がさらに値段が下がってしまうことがあるからです。
つまり、かなりリスクのある行動がナンピンなのです。

FXでナンピンをして利益をあげる方法とは一体どのような方法なのでしょうか。
たとえば、ナンピンで何か特定の商品を多数追加で投資したとします。
その後に、その商品の値段が上昇すればナンピンは成功したことになります。

このナンピンによって大きな利益をあげることに成功したという人はもちろんいるのですが、大抵の場合は失敗をしたという方のほうが多いです。
特に初心者の方はナンピンは避けたほうが良いでしょう。
なるべく搊失が出ないように安全側に回って取引を行うほうが、最終的な結果は良くなります。